訪日インバウンド、5月は17%増・268万人 欧米豪の伸び率2桁に

  • 2018年7月12日

 日本政府観光局(JNTO)が6月20日に発表した今年5月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比16.6%増の267万5千人となり、5月として過去最高を記録した。政府の訪日促進の重点20市場ではマレーシアを除く19市場が5月の最高値を更新。好調な中国などに加え、欧米豪9市場すべてが前年同月に対して2桁の伸び率を記録した。

 中国は29.3%増の66万8600人。JNTOでは「クルーズによる訪日の伸びは限定的だったものの、好調な個人旅行需要に加え、団体旅行も大幅に増加し、4月に引き続き好調に推移した」と説明した。

 韓国は、航空路線の拡充や円安が追い風になり、14.6%増の64万400人だった。香港は4.9%増の19万500人だった。

 台湾は8.0%増の44万100人。前年は5月だった端午節休暇が今年は6月に移動した関係で旅行需要は減少したが、東北や山口などへのチャーター便の就航、クルーズ船の寄港などで堅調だった。

 欧米豪は、訪日プロモーションの効果、旅行先としての日本の認知度の高まりなどで好調。豪州が23.6%増の3万9600人、米国が12.7%増の14万500人、英国が17.2%増の3万300人、フランスが18.6%増の2万9600人、ドイツが17.4%増の2万400人など。

 東南アジアでは、マレーシアが1.1%増の3万6400人、インドネシアが26.5%増の3万1500人。両市場ともイスラム教のラマダン(断食)の開始日が5月17日と前年より早まったため、5月の旅行需要にはマイナスだったが、インドネシアは連休を取得しやすい祝日の日並び、インドネシア・エアアジアXのジャカルタ―成田線の就航で大幅に増加した。

 タイは16.6%増の10万3600人、フィリピンは34.1%増の5万9千人、シンガポールは14.8%増の3万9400人と好調だった。

 今年1~5月累計の訪日外国人旅行者数は、前年同期比15.6%増の1319万4千人だった。

 また、今年5月の出国日本人数(JNTO推計値)は、前年同月比5.0%増の138万4千人だった。1~5月累計は前年同期比3.9%増の736万2千人となった。

関連する記事

Fun Japan Communicationsは14日、「香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイ・ベトナムのアジア6カ国の日本でのショッピング事情」の調査結果を発表…

続きを読む

宿泊施設関連協会(JARC、林悦男理事長)は7日、第8回JARCゼミナール「ラグビーワールドカップまで半年。まだ間に合うインバウンドビジネス」を東京都千代田区の同協会事務…

続きを読む

主に中華圏を中心とした、アジア各国からの誘客に力を入れてきた「昇龍道プロジェクト」だが、欧米豪からの個人旅行客へのアプローチを強めようと、2月25日、名古屋市でシンポジウ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube