【動画付き記事】観光経済新聞社、無料オンラインセミナー「観光のデジタルシフト・データを活用したインバウンド分析」開催

  • 2020年8月24日

 観光経済新聞社は4日、やまとごころ、日本観光地域活性化機構との3者共催で、無料オンラインセミナー「観光のデジタルシフト・データを活用したインバウンド分析」を実施した。約390人が事前登録し、当日は約300人が視聴した。

 八幡平DMOでCMOとしてデータ分析、マーケティングなどを手掛ける柴田亮氏と、インバウンドに特化したデータ分析・デジタル広告会社、VponJAPANの長野哲矢氏らが講演した。

 岩手県八幡平市に本拠を置き、観光庁が3日に発表した「重点支援DMO」32法人の一つにも選定された八幡平DMOは、3月と11月の閑散期対策として台湾人と香港人に焦点を当てた観光客誘致を計画。両訴求ターゲットに対して、八幡平と近隣地域のコンテンツを直接届ける手法としてVponJAPANのサービスを活用した。

 アジア圏の50以上のメディアのサイト・アプリには、Vponのトラッキングコードが設置されており、ユーザーがそれらのVpon提携メディアにアクセスするたびに、Vponはユーザーの位置情報などのスマホデータを収集、蓄積している。

 VponJAPANは、一昨年の11月に道央、道南、仙台および近隣地区、北東北を訪れた台湾人、香港人の嗜好性やライフスタイルをデバイスIDに基づいて抽出して分析。八幡平のターゲット層を、台湾人は「訪日リピーター、20~30代前後、FIT、勉強熱心」のペルソナ、香港人は「訪日リピーター、FIT、投資・テクノロジー・インテリア・健康・スポーツ好き」のペルソナと導き出した。

 両者への訴求ポイントは「知的でおしゃれなインテリアの宿泊施設」「歴史を感じさせつつ、おしゃれな伝統工芸インテリアにもなりそうなもの」「スポーツを交えてたアクティビティ」と設定。条件に当てはまる宿泊施設、工房、アクティビティを掲載した特設サイトを作成し、同サイトへのアクセスを誘導するウェブ広告をターゲット層のペルソナに対して個別に配信。昨年11月は一定程度の誘客に成功したという。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram