観光業界、東北復興へ支援の集い

  • 2011年5月7日

支援の集いで気勢を上げる観光関係者ら=4月21日、憲政記念館

支援の集いで気勢を上げる観光関係者ら=4月21日、憲政記念館

 観光の力で東北を復興させ、同時に全国的な観光の活性化につなげようと、東京・永田町の憲政記念館で4月21日、「東北復興支援の集い」(日本観光振興協会主催)が開かれた。観光業者や東北各県の代表者ら約600人が参加、1日も早い復興に向け、宣言を発表するとともに、拳を掲げ「がんばろう」三唱を行った。

 冒頭、振興協会の西田厚聰会長は支援の一環として、今年の通常総会を仙台市で開くことを報告し、「東北の美しい自然、歴史ある文化を再び多くの観光客に楽しんでもらえるよう、全力で支援する」と述べた。

 席に座りきれず、立ち見の参加者も。溝畑宏・観光庁長官や二階俊博・全国旅行業協会会長(元経済産業相)のほか、俳優の辰巳琢郎さんや矢内廣・ぴあ社長ら観光政策顧問会議のメンバーも出席。二階氏は大津波の被害が甚大だったことから「津波対策基本法案」の国会提出や「津波の日」の制定に力を尽くすことを約束した。

 東北地域からは三村申吾・青森県知事や吉村美栄子・山形県知事らが出席した。三村知事は、23日から青森デスティネーションキャンペーンが始まることを挙げ「まず(復興へ向けた)第1歩を進めていきたい」と述べ、吉村知事は過度な委縮はマイナスと指摘し、東北への来訪を呼びかけた。

 旅館の女将を代表してあいさつしたホテル松島大観荘(宮城県松島町)の磯田悠子さんは「ぜひ東北に足を運んでほしい。笑顔でお迎えします」と述べた。

 集いではまた、(1)地域の観光復活のため一丸となって支援する(2)風評被害や自粛ムードを払しょくし、困難を乗り越えていく(3)観光活性化のためスクラムを組んで強力に取り組む──とする3項目から成る「宣言」を発表した。

支援の集いで気勢を上げる観光関係者ら=4月21日、憲政記念館
支援の集いで気勢を上げる観光関係者ら=4月21日、憲政記念館
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram