観光振興懇話会、最高顧問に冬柴元国交相

  • 2009年11月28日

あいさつする冬柴最高顧問

あいさつする冬柴最高顧問

 観光振興懇話会(TPA、大島利徳会長)は19日、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで第6期総会を開き、最高顧問に冬柴鉄三元国土交通相の就任を決めた。最高顧問は二階俊博前経済産業相に次いで2人目となる。

 役員人事についてはこのほか、副会長に千代勝美・JALホテルズ社長と渡辺謙一・藤田観光相談役、理事長に大久保忠道・オフィス・ティー&オー相談役がそれぞれ付いた。

 第6期(10月〜来年9月)の主要事業は来年3月に千葉県で開く予定の「日中友好“Visitちば”観光・物産振興フォーラム」で、中国14都市から商務部や旅遊局関係者を招く計画。

 TPAはこれまで、箱根や長崎などで観光フォーラムを開き、地域観光活性化に努めてきたが、「今回は中国に対するVJCを成功に導く、大きなかぎになるだろう」としている。

 総会後の懇親会には公明党の斉藤鉄夫政調会長や冬柴最高顧問、観光庁の武藤浩次長らが出席。

 大島会長は「観光立国のかぎを握るのは中国人観光客だが、(個人観光ビザにおける)取扱旅行会社へのペナルティ制度が大きなネックになっている。公明党の協力を得て国会でも取り上げ、超党派で制度撤廃を実現したい」と意欲を示した。

 来賓の斉藤氏は「景気回復の大きな目玉は財政出動がいらない観光振興だ。より多くの中国人観光客にきてもらうことが重要であり、我々もペナルティ制度をなくすために頑張る。与党の賛成を得てできるだけ早く実現したい」と約束。

 最高顧問となった冬柴氏も「(失踪者を出したら)営業停止となるような制度があれば、一流会社は手をつけられない。撤廃は必要だが、政治家だけでなく、観光業界も動かないと実現は難しい。TPAの果たす役割は大きい」と強調した。

あいさつする冬柴最高顧問
あいさつする冬柴最高顧問

関連する記事

出入国在留管理庁 外国人就労の状況 出入国在留管理庁はこのほど、2018年の留学生の日本企業への就職状況を発表した。留学生などが日本企業への就職を目的に行った在留資格「留…

続きを読む

国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府 山梨県甲府市の湯村温泉旅館協同組合は、「第1回国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府」を主催した。国内外の合計…

続きを読む

日本観光振興協会は6日、11月下旬週末(22~23日)の観光予報を発表した。それによると、札幌市と大阪市で「混雑」(混雑度70~85%未満)しているが、全国的には比較的空…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube