観光庁250人体制に 幹部拡充、組織も改編

  • 2017年8月7日

 観光庁は、7月の人事異動などに伴い組織、体制を改編、拡充した。職員数は国土交通省内の併任や他省庁、自治体、民間企業からの出向を合わせて約150人から約250人に増員。幹部は長官、次長のもとに、新設の観光政策統括調整官と、審議官2人、観光地域振興部長を置く体制に強化。各課の体制も、観光産業課に民泊業務適正化指導室、国際観光課に市場別の推進室を置くなどの改編を実施した。

 田村明比古長官のもとで庁内の業務を総括する次長に水嶋智氏が就任。今春2ポストになった審議官では、瓦林康人審議官が引き続き国際観光などを担当。新任の秡川直也審議官が産業政策など担当する。新設の観光政策統括調整官も審議官級で志村務氏が就任。特命案件や日本政府観光局(JNTO)の改革などを担当する。加藤庸之観光地域振興部長は留任となっている。

 課の体制は、総務課、観光戦略課、観光産業課、国際観光課と、観光地域振興部に観光地域振興課、観光資源課を置く編成に変更はないが、実質的に「課」と同様に職員を抱えて業務に当たる「参事官」は、外客受入、国際関係、MICE、産業政策、観光人材政策を担当する5ポストに変更した。

 課内に設置する「室」も再編した。主な変更としては、観光産業課に民泊業務適正化指導室、観光人材政策室を設置した。国際観光課には、総合計画室、アジア市場推進室、欧米豪市場推進室、新市場開発室。観光地域振興課には広域連携推進室、観光資源課には新コンテンツ開発推進室を設置した。

関連する記事

観光庁は、中小規模の旅館・ホテルの経営者や幹部を主な対象として、宿泊業の生産性向上に関するセミナーを3月に全国5都市で開催する。先進的な旅館の経営者が生産性向上のモデル事…

続きを読む

30都道府県がプラスに 観光庁の宿泊旅行統計調査の結果(第2次速報)で、2017年11月の宿泊施設の延べ宿泊者数は、前年同月比2・7%増の4086万人泊となった。30都道…

続きを読む

観光庁の訪日外国人消費動向調査の2017年10~12月期の結果(速報値)で、日本滞在中に民泊(有償での住宅宿泊)を1泊以上利用した外国人旅行者の割合は11・0%だった。約…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?