観光庁 観光DX推進で報告書 宿泊業 デジタルツールも活用促進


有識者会議で議論した観光DXの在り方を報告書にまとめた(2022年9月の初会合)

DMO CRMなど導入 目標90法人

 観光庁は3月28日、観光分野のDX(デジタル・トランスフォーメーション)に関する報告書「観光DX推進による観光地の再生と高度化に向けて」を公表し、施策の方向性を示した。宿泊業では、経営状況の可視化や予約・在庫管理の効率化が進んでいないとして、観光庁が創設した「宿泊業の高付加価値化のための経営ガイドライン・登録制度」などを活用し、デジタルツールの導入を促進する。データに基づく観光地経営などが実施されていないDMO(観光地域づくり法人)に対しては、DXの要素を盛り込んだ経営戦略の策定を支援する。

 報告書は、2022年9月に観光庁が設置した有識者会議「観光DX推進のあり方に関する検討会」(座長・矢ケ崎紀子東京女子大学現代教養学部国際社会学科教授)の検討成果。観光産業の生産性向上▽観光地経営の高度化▽旅行者の利便性向上・周遊促進▽観光デジタル人材の育成・活用―の四つのテーマで構成されている。

 観光産業の生産性向上では、宿泊業の課題について、売り上げ・コストの不十分な管理、非効率的な予約・在庫管理、低い投資余力などを挙げた。解決に向けて、「宿泊業の高付加価値化のための経営ガイドライン・登録制度」の周知、登録を推進し、PMS(顧客予約管理システム)などのデジタルツールやレベニューマネジメントの導入を促すよう提言した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒