観光庁長官に大分トリニータ前社長の溝畑氏

  • 2010年1月5日

オールジャパンを強調する溝畑長官

オールジャパンを強調する溝畑長官

 前原誠司国土交通相は12月25日の会見で、観光庁の本保芳明長官(60)を退任させ、後任に大分フットボールクラブ(大分市)の前社長、溝畑宏氏(49)を起用すると発表した。人事は1月4日付。政権交代から3カ月余り、“政治主導”のもと、観光庁の舵取り役も代わることになった。

 前原国交相は、本保氏のこれまでの仕事ぶりを評価しながらも、外客3千万人の目標など新たな観光政策の遂行にあたり、サッカーチーム「大分トリニータ」の創設に尽力しJリーグ昇格にまで導いた溝畑氏の経営手腕が必要だと説明した。

 溝畑氏は、85年に旧自治省入り。大分県企画文化部長などを経て04年に同社社長に就任、09年12月に辞任。東京大学法学部卒。京都府出身。

 本保氏は、07年7月から国交省総合観光政策審議官、08年10月に観光庁初代長官に就任した。

溝畑宏氏
溝畑宏氏
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram