観光庁補助事業の応募状況 看板商品創出1667件 高付加価値化247地域

  • 2022年5月5日

高付加価値化247地域

 観光庁の大型補助事業「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業」のうち「地域一体型」の候補地域の公募が4月18日に締め切られた。自治体、DMO、事業者・団体のグループによる応募数は274地域に上った。候補地域は5月中に選定される予定。また、2次公募は6月中に開始される見通しだ。

 観光庁によると、地域一体型での最終的な地域計画の採択予定数は、1次公募、2次公募を合わせて100件程度の想定だが、応募してきた地域の規模にばらつきがあることなどから、採択数の変動も予想される。

 候補地域は、事業事務局の提案、事務局が派遣する専門家の助言を受ける「伴走支援」を活用しながら計画を策定。審査で計画が採択されると、計画に基づく宿泊施設や観光施設の改修、廃屋の撤去などに対して補助金が交付される。

 主な補助対象は、宿泊施設の高付加価値化への改修では、補助率が2分の1。経営体力や投資余力によっては3分の2を適用する。補助上限は1億円。土産物店や飲食店などの観光施設の改修は、補助率2分の1、補助上限が500万円。跡地が観光に利用されることを要件とした廃屋の撤去は、補助率が2分の1、補助上限は1億円。

 「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業」の予算額は、「交通連携型」「国立公園型」を含めて約1千円。

 

看板商品創出1667件

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram