観光庁・JNTO、フランス観光開発機構と覚書 日仏協力で交流促進

  • 2018年10月11日

 観光庁、日本政府観光局(JNTO)は9月19日、フランス観光開発機構と日仏間の観光協力に関する覚書を締結した。2018年が日仏交流160周年に当たり、両国ともに国際的な大型スポーツイベントを控えていることから観光交流の拡大を促進する。

 東京都港区のフランス大使公邸で著名式が開かれ、観光庁の田端浩長官、JNTOの清野智理事長、フランス観光開発機構のクリスチャン・マンテイ総裁が出席した。

 ラグビー・ワールドカップは19年に日本で、23年にフランスで開催。夏季オリンピック・パラリンピックは、20年に東京で、24年にパリで開催される。これらのイベントなどを踏まえ、両国の観光情報を共有し、観光交流の拡大を目指す。

関連する記事

観光庁はこのほど、スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業として、秋田県と新潟県で実施される2件を選定した。訪日外国人のスノーリゾートへの誘客、日本人のスノースポーツ…

続きを読む

内閣府はこのほど、地域経済に関する年1回の報告書「地域の経済」をまとめた。地域経済に大きな変化をもたらしつつある「インバウンド需要の拡大」と「人手不足問題」の二つに焦点を…

続きを読む

観光庁はこのほど、住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく住宅宿泊事業者(民泊事業者)の2018年8月1日~9月30日の宿泊実績を発表した。届け出住宅1件当たりの宿泊日数(宿泊…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube