観光庁・スポーツ庁・文化庁の3庁連携「スポーツ文化ツーリズムアワード」、2部門で5件表彰

  • 2019年1月24日

 観光庁、スポーツ庁、文化庁が連携し、スポーツや文化、芸術の融合によって観光を活性化させた事例を表彰する「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の受賞団体・取り組み5件がこのほど決定した。

 過去3回以上の開催または3年以上の継続的な取り組みを通じて国内外の観光客の増加に寄与しているマイスター部門では、NPO法人きらり水源村の「カヤックで農業用水路を下る!『イデベンチャー』」、日本スポーツ雪かき連盟の「国際スポーツ雪かき選手権」、ルーツ・スポーツ・ジャパンの「地域の魅力・文化を引き出しサイクルツーリズムで通年誘客を実現するツール・ド・ニッポン」の3件が選定された。

 このうち「カヤックで農業用水路を下る!『イデベンチャー』」は、熊本県菊池市の中山間地域で廃校を活用する目的で立ち上げられたNPOが実施している。農業用水路をカヤックで下る体験プログラムで、農業関係者の協力で実現した。菊池市やツアー会社と連携してPRし、参加者が年々増加している。

 過去1回以上の開催実績があり、観光客の増加が期待されるチャレンジ部門には、山形バリアフリー観光ツアーセンターの「世界一自由な空へつばさに乗って行こう 南陽は空もバリアフリー 空飛ぶ車椅子体験」、サムライプロデュースの「十勝ナイトリバークルージング」の2件が選ばれた。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram