観光庁、MICE誘致強化へ支援都市を公募

  • 2019年5月22日

コンサルタント派遣

 観光庁は4月26日、MICEの誘致力強化に向け、2019年度「コンベンションビューロー機能高度化事業」で支援する都市の募集を始めた。観光庁が認定している「グローバルMICE都市」(12都市)以外の都市を対象に2都市程度を選定。コンサルタントを派遣し、自治体、コンベンションビューローへの助言を行う。応募期間は6月5日まで。

 応募主体は原則、市町村またはコンベンションビューロー。都道府県単位のコンベンションビューローがある場合は都道府県も可能。複数の自治体が連携した応募も受け付ける。応募の要件は、都市としてMICEに関する中長期計画や戦略が策定されていること。

 支援内容は、高度な専門知識や国際的なネットワークを持つコンサルタントを複数回にわたって派遣。ブランド開発、地域資源の分析、ビッドペーパー(提案書)作成、コンテンツ開発などのコンサルティングを行う。

関連する記事

観光庁が10日に発表した主要旅行業49社の5月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比2.7%増の4410億6007万円だった。内訳は、国内旅行が2.9%増の2…

続きを読む

観光庁の宿泊旅行統計調査によると、19年6月の宿泊施設の延べ宿泊者数は、第1次速報値としての集計で、前年同月比1.1%増の4185万人泊だった。 延べ宿泊者数のうち日本…

続きを読む

観光庁の宿泊旅行統計調査によると、19年5月の宿泊施設の客室稼働率(第2次速報値)は、前年同月比2.2ポイント増の62.8%となった。37都道府県が前年同月の数値を上回っ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube