観光庁、DMOデータ収集モデル地域を公募

  • 2021年2月4日

 観光庁は20日、宿泊施設が持つ宿泊データをDMOに収集して分析を行う実証事業でモデル地域の募集を開始した。2~4地域程度を選定する予定。応募は3月5日まで。2021年度当初予算案に盛り込まれた事業で、予算の成立が事業開始の条件となる。

 事業名は「観光地域づくり法人による宿泊施設等と連携したデータ収集・分析事業」。

 宿泊施設が保有する宿泊データを個人情報などを除いてDMOに収集するプラットフォームを構築する。施設ごと、地域ごとの宿泊者数の推移や国籍別の消費額などを把握して属性別に分析。旅館・ホテルのPMS(基幹管理システム)との連携などを含め、宿泊事業者の負担にならない手法も検討する。

 宿泊データのプラットフォームと同時に、飲食店や観光施設、小売店などを加盟店とするCRM(顧客関係管理)アプリの運用も実証する。利用者の登録を通じてアンケート調査を実施したり、ポイント機能を生かしたキャンペーンで消費情報を把握したりする。

 選定するモデル地域は観光地単位だが、応募者は、観光庁のDMO登録制度に登録したDMO(候補含む)とする。

 モデル地域の公募要領は、観光庁のホームページに掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram