観光庁、温泉街の再生など促進、14事業を支援

  • 2009年11月14日

 観光庁はこのほど、観光産業の新たなビジネスモデルづくりを支援する観光産業イノベーション促進事業で、補助金を交付する採択事業を決定した。地域や産業界の幅広い関係者が連携して取り組む温泉街の再生、宿泊業の活性化に向けた実証事業など、全国各地で展開される14件を支援する。

 イノベーション促進事業は、顧客サービスの向上や事業体質の改善につながる先進的な取り組みを促進するのが目的。昨年度は6件の実証事業を支援した。今年度の公募には68件という多数の応募があり、有識者らで構成する委員会で採択案件を決定した。

 複数の旅館・ホテルでつくるCS調査委員会が実施する「宿泊経営プロセスイノベーションと共通ブランド構築事業」は、全国60件の宿泊施設で顧客満足度の調査を行う。調査結果や改善手法を共有し、効率的に経営改善を推進する。

 群馬県の四万温泉は、温泉街での滞在時間延長につながるレイト・チェックアウトを実現するため、旅館での客室清掃の生産性の向上に取り組むほか、地元食堂でのブランチの提供など、朝の時間帯の魅力づくりから新たなブランド構築に結びつける。

 昨年度に続く採択となった神奈川県の湯河原温泉は、大都市に近い立地を生かし、平日の宿泊や1人旅のニーズにこたえる商品づくりを進める。また、「朝食をゆっくり楽しみたい」という要望を踏まえ、旅館での調理場のシフトの再検討や飲食店との連携を図り、温泉街での食事形態の多様化を進める。

 長野県の北志賀竜王高原では、新たに設立した竜王ホテル&リゾートを持ち株会社として、複数の宿泊施設が一体的な事業再生に取り組む。事業再生の専門家などを交え、商品開発や販路開拓、共同仕入れなど生産性の向上を図る。

 石川県の湯涌温泉では、複数の旅館と、金融機関、行政が連携して温泉街のにぎわい創出事業を推進する。旅行者の回遊性を高めるため、各旅館が持つ喫茶スペースや売店などのパブリックスペースの活用、魅力向上に取り組む。

関連する記事

全国旅行業協会(ANTA)は、9月1日に全国9地域11会場で実施した令和元年度「国内旅行業務取扱管理者試験」の結果を10月23日に発表した。合格者数は5645人で、合格率…

続きを読む

日本観光振興協会と日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)の主催する世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」が10月24~27日…

続きを読む

赤羽一嘉国土交通相は10月29日の会見で、北海道倶知安町で行われたG20(主要20カ国・地域)観光大臣会合(10月25、26日)の成果について「各国が共有する課題である持…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube