観光庁、新型インフルなど危機管理に指針策定へ

  • 2009年8月29日

リスクマネジメント検討会の初会合(25日)

リスクマネジメント検討会の初会合(25日)

観光庁は、新型インフルエンザの発生を踏まえ、観光産業の感染症に対する危機管理に指針を定める。観光への影響を最小限に抑えるため、風評被害防止策などを示したマニュアルを年内に作成し、普及を図る。25日には観光関連団体や地方自治体、危機管理の専門家、報道機関らを委員とする「観光関連産業リスクマネジメント検討会」の初会合を開き、検討を始めた。新型インフルエンザが流行段階に入る中、具体的な対策を早期に打ち出す。

 今春の新型インフルエンザの発生では、関西地方を中心に旅行キャンセルが多発し、観光産業の危機管理のあり方が課題とされた。検討会で観光庁の武藤浩次長は「発生時には過剰とも言える旅行控えが生じた。対応の仕方によっては観光関連産業への影響をもう少し抑えられたのではないか」と問題を提起した。

 作成するマニュアルには、発生時の情報収集、消費者やメディアへの情報発信、風評被害防止のプロモーション、関係機関の連携などに具体策を示す。国、地方自治体、観光産業など主体別の対策と、初期対応や風評被害対応のように時系列の対策をまとめる。SARS(重症急性呼吸器症候群)など過去の対処事例の分析も盛り込む。

 検討会の座長には、社会へのメディアの影響などを専攻とするお茶の水女子大学大学院の坂元章教授が就任。初会合では論点として、新潟中越沖地震を経験した全国旅館生活衛生同業組合連合会の野澤幸司氏(新潟・ホテル小柳)から「風評被害はメディアの影響が大きい。報道機関への対応を重点に議論してほしい」などの意見が出た。  検討会は、秋を待たずに新型インフルエンザの患者が全国的に増加している現状を受け、対策の提示を急ぎ、9月下旬にもマニュアルの素案を示す。

リスクマネジメント検討会の初会合(25日)
リスクマネジメント検討会の初会合(25日)

関連する記事

出入国在留管理庁 外国人就労の状況 出入国在留管理庁はこのほど、2018年の留学生の日本企業への就職状況を発表した。留学生などが日本企業への就職を目的に行った在留資格「留…

続きを読む

国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府 山梨県甲府市の湯村温泉旅館協同組合は、「第1回国際シニアサッカー大会フレンドリーマッチin甲府」を主催した。国内外の合計…

続きを読む

日本観光振興協会は6日、11月下旬週末(22~23日)の観光予報を発表した。それによると、札幌市と大阪市で「混雑」(混雑度70~85%未満)しているが、全国的には比較的空…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube