観光庁、幹部の担当業務決定

  • 2018年9月5日

 田端浩長官の就任で新体制となった観光庁はこのほど、幹部の担当業務などを決定した。

 長官以下の幹部ポストは、次長、審議官2人、観光地域振興部長で全員が7月31日付で新任となった。

 和田浩一次長は長官を補佐し、庁全体を統括する。

 金井昭彦審議官は、主に観光産業課、旅行振興担当参事官、観光人材政策担当参事官の業務に関する分野を担当。

 高科淳審議官は、主に国際観光課、MICE担当参事官、国際関係担当参事官の業務に関する分野を担当する。

 平岡成哲観光地域振興部長は、観光庁総務課長からの昇格。主に観光戦略課、観光地域振興課、観光資源課、外客受入担当参事官の業務に関する分野を担当する。

関連する記事

日本観光振興協会は6日、2018年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を発表した。それによると、都道府県公式観光情報サイトではパソコン、スマートフォン(スマホ)ともに、東…

続きを読む

内閣府がこのほど公表した景気動向指数(CI、2015年=100)の18年12月速報値は、景気の現状を示す一致指数が102.3で、前月比0.6ポイント減と、2カ月連続で低下…

続きを読む

観光庁は、DMOの形成、確立に関して、有識者会議「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」を設置して議論を進めている。検討会では2019年3月末までに中間報告をまとめる。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube