観光庁、免税店手続きの緩和要望 イベント出店容易に

  • 2018年9月12日

 観光庁は、2019年度に向けた税制改正で、外国人旅行者向けの消費税免税制度に関する手続きの緩和を要望している。消費税免税店の許可をすでに受けている事業者が、地域の祭りやイベントに出店する場合、現行より簡素な手続きで免税販売ができるようにする。

 手続きの簡素化によって、イベントなどに来場する訪日外国人旅行者に対し、地域の特産品などを販売する機会を増やし、消費を拡大するのが狙い。地方での消費税免税店数の増加などにもつなげていく。

 政府は、地方を中心とするインバウンド消費の拡大を重視している。これまでにも消費税免税制度を順次改正し、消耗品の対象化(14年10月開始)、免税手続きの委託制度導入(15年4月開始)、一般物品の購入下限額引き上げ(16年5月)、一般物品と消耗品の合算制度導入(18年7月開始)などを実現している。

関連する記事

政府の「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」が12日に開かれ、外国人就労の新たな在留資格「特定技能」の創設を盛り込んだ入管難民法の改正案の骨子が示された。従来の専…

続きを読む

関西国際空港の連絡橋は、台風21号に伴うタンカー船の衝突事故を受けて禁止されていたマイカー、レンタカーの通行が6日から可能になった。 通行禁止は解除されたが、上り線を使…

続きを読む

観光庁の宿泊旅行統計調査で、宿泊施設の今年7月の客室稼働率(第2次速報値)は、前年同月比0.1ポイント減の61.9%だった。全国のうち28府県が前年同月の数値を下回った。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!