観光庁、免税店向けにコールセンター 完全電子化で相談窓口

  • 2021年6月11日

 外国人旅行者向けの消費税免税店の免税販売手続きが今年10月1日から完全に電子化される。免税店を経営する事業者は、従来の紙による免税販売手続きができなくなる。観光庁は5月28日、免税店を経営する事業者などを対象に「免税販売手続電子化対応に関する専用コールセンター」を開設した。

 免税販売手続きは、昨年4月1日から事業者の電子化移行が始まっている。これまで書面で行われていた購入記録表の作成などの手続きに代わり、購入記録情報のデータをインターネット回線などで国税庁に送信する電子化に対応した運用が必要になる。

 免税店における手続きの電子化移行が10月1日以降になっても、免税店の許可が取り消しになるわけではないが、免税販売を行う場合には対応が必須だ。

 観光庁は、円滑な移行をサポートしようと制度の詳細などを「免税販売手続電子化特設サイト」で紹介しているほか、新たにコールセンターを設置し、電子化などに関する相談に対応する。

 コールセンターは、TEL06(6347)6633(平日午前9時30分~午後5時30分)。

 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら