観光庁、任期付き職員募集 弁護士を採用

  • 2021年4月22日

 観光庁は13日、弁護士資格を有する任期付き職員の募集を始めた。行政法令、企業法務、金融分野に関する専門的な知見を持つ人材を求めている。採用予定人数は1人。採用期間は6月1日から2023年5月31日まで。応募の締め切りは4月28日。

 アフターコロナの時代に対応した観光産業の在り方について、調査・検討し、必要な政策の立案と制度の見直しを進めるために募集する。

 担当する事務は、宿泊業、旅行業を含む観光関連産業全体の政策の企画立案、取りまとめ▽観光関連法令に関する企画立案、取りまとめ▽宿泊業界、旅行業界などの事業者団体との調整▽観光関連施策の国会などでの対外的なプレゼンテーション・調整▽住宅宿泊事業法の施行状況の調査▽Go Toトラベル事業の実施に関する法務―など。

 応募資格は、弁護士資格を有し、資格取得後3年程度以上、企業法務に従事し、特に行政法令、金融分野に関する専門的知識・経験を有することなど。

 募集要項は観光庁のホームページに掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram