観光庁、バリアフリーの飲食店紹介 オリパラ会場周辺を調査

  • 2021年4月8日

 観光庁は3月26日、東京オリンピック・パラリンピックの競技会場やターミナル駅周辺を中心に、現地調査に基づいた「バリアフリー飲食施設ガイド」を作成し、ウェブサイトで公開した。高齢者や障害者が利用しやすいよう、バリアフリー対応に取り組んでいる9都道県の飲食施設109店を掲載している。

 ガイド作成のための調査は、2019年11月~20年2月にかけて障害当事者の車いすユーザーを含めた調査員2人で実施した。調査項目は、店舗の入り口、通路、テーブル、トイレ、会計方式、刻み食、点字メニュー、筆談対応、外国語メニュー、Wi―Fi環境、駐車場、アクセスルートなど。

 飲食施設を紹介する各ページでは、バリアフリーやインバウンドへの対応状況をアイコンや写真で紹介している。アイコンには、「入り口段差2センチ以下」「入り口幅80センチ以上」「おかずカット」「写真メニュー」「翻訳デバイス」「ムスリム対応相談」などがある。

 東京都内の飲食施設が中心だが、競技会場などがある神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、静岡県、福島県、宮城県、北海道の飲食施設も紹介されている。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら