観光庁、スキーリゾート活性化モデル事業の募集開始

  • 2018年10月18日

 観光庁は3日、スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業の実施者の募集を開始した。自治体、観光協会、スキー場事業者などが連携する団体や協議会が対象。国内外からの誘客に取り組む2者程度を選定し、1件当たり450万円を上限に支援する。募集の締め切りは11月2日。

 支援対象は、日本人のスノースポーツ人口の拡大に関する取り組み、海外からスノーリゾートへの誘客に関する取り組みなど。コンテンツの充実や情報発信、受け入れ態勢整備などの経費を負担する。

 観光庁は、昨年10月に「スノーリゾート地域の活性化推進会議」を設置し、アクションプログラムを策定した。モデル事業では、満足度や付加価値の向上によってアジアや欧米豪からの誘客につながる事業などを支援し、成果を全国に普及したい考えだ。

関連する記事

温泉郷で初キャンペーン特典商材を共同購入 埼玉県秩父エリア(秩父市、小鹿野町、皆野町、横瀬町、長瀞町)では、秩父温泉郷推進協議会を組織し、「秩父温泉郷」のブランディング…

続きを読む

外国人向け泊食分離モニターツアー実施 福島市の飯坂温泉では、飯坂温泉インバウンド受入拡充委員会の地域連携推進部会が「Fukushima飯坂温泉RE:BIRTH!」として…

続きを読む

観光庁が2月28日に発表した宿泊旅行統計調査の2018年の結果(速報値)を基に、東北6県の宿泊施設における宿泊者数の動向を見てみよう。外国人延べ宿泊者数は東日本大震災前の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube