観光庁、「宿泊事業における特定技能外国人材受入れセミナー」10都市で開催

  • 2019年10月21日

宿泊業の活用促進へ

 観光庁は、「宿泊事業における特定技能外国人材受入れセミナー」を10月31日の東京を皮切りに来年2月にかけて全国10都市で計12回開催する。今年4月に創設された外国人就労の在留資格「特定技能」の制度を普及し、受け入れ対象分野の宿泊業での活用を促進する。旅館・ホテルをはじめ、日本の宿泊施設で働きたい外国人、外国人が在籍する教育機関の担当者などに参加を呼び掛けている。

 セミナーの第1部では、観光庁が特定技能制度の概要などを説明するほか、既存の在留資格で外国人を雇用している旅館・ホテルが受け入れの現状、実務のポイントなどを他の事業者や外国人などに向けて紹介する。

 第2部では、旅館・ホテル、外国人の希望者らによる交流会を行う。事業者間、事業者と外国人の間などで情報や意見を交換してもらい、制度を活用した雇用、就職の契機とする。外国人は留学生など日本国内に在留中の人が参加の中心となる。教育機関は、日本語学校などの担当者の参加を想定している。

 セミナーの日程、開催地は、10月31日・東京都港区▽11月20日・新潟市▽11月27日・名古屋市▽11月29日・那覇市▽12月6日・東京都港区▽12月11日・仙台市▽12月13日・大阪市▽12月20日・札幌市▽2020年1月14日・高松市▽1月22日・大阪市▽2月3日・福岡市▽2月10日・広島市。

 時間は各回いずれも第1部が午後2時~3時30分、第2部が午後3時45分~5時の予定。各回の定員は、旅館・ホテル、外国人などを含めて50~80人。参加費は無料。

 旅館・ホテル、外国人などの参加には申し込みが必要。セミナーの運営を受託している三菱UFJリサーチ&コンサルティングの専用URL(https://www.murc.jp/seminar/sonota_191031/)から申し込む。定員に達し次第、受け付けを締め切る。

 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram