観光と文化庁、「スポーツ文化ツーリズムアワード2022」公募開始

  • 2022年9月22日

 観光庁は5日、スポーツ庁、文化庁と共同で、「スポーツ文化ツーリズムアワード2022」の公募を開始した。2016年度に始まった表彰制度でスポーツや文化をテーマにした観光の優れた取り組みを表彰する。公募期間は10月20日まで。

 スポーツ、文化、観光が結び付いた「スポーツ文化ツーリズム賞」、観光といずれかが結び付いた「スポーツツーリズム賞」、「文化ツーリズム賞」の三つの部門を設定。今回は、コロナ禍ならではの工夫が盛り込まれた「新しい観光」、スポーツ庁が推進する「武道ツーリズム」、文化庁が推進する「日本遺産」や「食文化」に関して優秀な取り組みがあった場合は「特別賞」を設定する。

 応募できるのは、自治体、観光団体、経済団体、スポーツ団体、文化芸術団体、旅行会社などの民間企業など。審査のポイントは、「国内外の旅行者の増加、長期滞在を促す仕組みや地域への経済効果波及につながる工夫がある」「地域の活力の着実な増加につながる」など。12月に審査結果を公表する予定。

 21年度は、スポーツ文化ツーリズム賞をひろさき芸術舞踊実行委員会による「SHIROFES2019~踊れ、遊べ、弘前で!弘前城ダンス&パフォーマンスフェスティバル~」が受賞した。

 詳細は観光庁ホームページに掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram