藤田観光がグランピングに参入

  • 2017年12月6日

御殿場の施設の全景

 設備の整った豪華なキャンプでアウトドアを楽しむグランピングに、藤田観光(東京都文京区)が参入する。第1弾として静岡県御殿場市に「藤乃煌 富士御殿場」を来年4月にオープン。国内客に加え、体験型のコト消費の需要を踏まえ、訪日外国人客の集客を目指す。

 同社のグランピング事業は、大都市圏近郊でホテルのような快適性を提供する「藤乃」シリーズと、デンマークのテントメーカー、ノルディスクと提携し、郊外の豊かな自然をキャンプに近い形で体感してもらう「ノルディスクヴィレッジ」の二つのブランドを展開する。

 第1弾の「藤乃煌 御殿場」は、20棟の独立型の建物を客室として構成。収容人数は最大100人の予定。全客室棟から富士山が眺められる。

 客室棟は、開閉式のテント屋根を備えたアウトドアテラスに、火を起こせるスペースやダイニングテーブル、ハンモック、アウトドアバスなどを設置する。冷暖房、シャワールーム、トイレも完備する。料金は大人1人当たり1泊2食付きで3万円(税別)から。12月から予約を受け付ける予定。

 ノルディスクとの提携では、イタリア・ヴェネチアに今年オープンした施設「ノルディスクヴィレッジ」を日本国内に展開していく。藤田観光は、日本でのフランチャイズの独占権利を取得しており、フランチャイズ店の募集やキャンプ場へのコンサルティングを今後行う予定。


御殿場の施設の全景(イメージ)


客室棟のテラス(イメージ)

関連する記事

旅館経営者の有志による親睦団体「日本の宿懇話会」が今年設立される。1月25日、東京の浅草ビューホテルで発起人会が開かれ、佐藤義正氏(元国際観光旅館連盟会長、岩手県・湯守の…

続きを読む

立教大学観光研究所(東徹所長)は1月20日、東京の同大学池袋キャンパスで開設50周年記念シンポジウムを開いた。研究所第5代所長を務めた前田勇氏(立教大学名誉教授)が大学の…

続きを読む

「庭のホテル東京」(東京都千代田区)は非常用発電機の点検システムを導入し、安全対策を強化している。一般社団法人関西クリーンエネルギー協会(KCEA、大阪市)が提案するシス…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?