萩グランドホテル天空、新型コロナ影響で自己破産申請

  • 2020年4月22日

 帝国データバンクによると、観光ホテル「萩グランドホテル天空」を経営する長州観光開発(山口県萩市)は6日、自己破産を申請した。負債は約18億円。新型コロナウイルス関連倒産で山口県初の例となる。

 ホテルは1972年7月に設立。総客室数183室、最大収容人員800人。95年にはパチンコ事業にも参入し、99年3月期には40億円近い年収入高を計上していた。収入高の約5割だったパチンコ事業は撤退し、2003年には500坪の庭園大温泉「弘法寺の湯」を開設していた。

 しかし、大口の旅行案件の減少などで集客は伸びを欠き、19年3月期の年収入高は7億円程度までにダウンしていた。設備投資に伴う借入金が重荷となり、余裕のない資金繰りが続く中、新型コロナウイルスに伴う宿泊予約のキャンセルが3月は80%、4月には95%となり、事業継続が困難な状況に陥った。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram