茨城交通、高速バス車内にキャッシュレス決済導入

  • 2020年7月31日

 茨城交通は29日、高速バス車内にキャッシュレス決済を導入した。

みちのりグループおよび茨城交通では、バス車内におけるキャッシュレス決済を導入していく。
茨城交通の高速バス「勝田・東海ー東京線」で、7/29サービススタート。各種QRコード決済およびVisaのタッチ決済を導入する。カードやスマートフォンをリーダにかざしたり、画面をスキャンするだけで決済が完了する。
このうち、Visaのタッチ決済については、バス車内における導入は日本初となる。

 

 

1.車内キャッシュレス決済の目的
・お客様の利便性向上による利用促進
・新型コロナウイルスの感染予防
・運転手の業務負荷の軽減
・インバウンド観光客の利便性向上

2.キャッシュレス決済の概要
・キャッシュレス決済の種類
✔Visaのタッチ決済
✔PayPay、Alipay、LINE Pay、楽天ペイ
・利用開始日:2020年7月29日(楽天ペイは8月中旬以降を予定)
・対象路線:茨城交通 勝田・東海―東京線(東京駅~大洗IC~ひたちなか・東海)

3.連携各社の役割
・みちのりHD:サービス設計、システム導入支援
・茨城交通:高速バスの運行、システム運用
・Visa:Visaのタッチ決済導入の為の技術支援と普及推進活動
・三井住友カード:キャッシュレス決済導入支援
・小田原機器:キャッシュレス決済用システムの開発・提供

4.本サービスの特徴
・多様な決済方法:日本初となるVisaのタッチ決済のバス車内利用、および各種QR決済を備える。
・コンパクト端末:高速バス車両乗降口にタブレット端末を設置するだけ。

・キャッシュレス割引運賃:勝田・東海―東京線では割引運賃を導入し、起終点間2,300円を2,050円に(片道)。

 

5.利用方法
【Visaのタッチ決済】
➡Visaのタッチ決済対応カードやモバイル端末をタブレットにかざすだけ。
【QRコード決済】
➡お客さまがスマートフォンにQRコードアプリを表示し、リーダにQRコードをかざすだけ。なお、表示したQRコードのブランドは自動判別される。

 

6.公共交通におけるVisaのタッチ決済について
Visaのタッチ決済は、既にロンドンやシンガポール、ニューヨーク等の公共交通機関で利用可能。さらに、世界中の500の公共交通機関における導入プロジェクトが進行中。また、ロンドンやシンガポールでは100を超える国や地域からの観光客がこの決済方法を使った実績がある。

7.今後の展開
みちのりグループでは、今回同様のキャッシュレス決済を、今後、積極的に展開していく。
・今回  7月29日開始 茨城交通:勝田・東海―東京線

・第二弾 9月下旬予定 岩手県北バス:106急行(盛岡―宮古)
・第三弾 10月下旬予定 福島交通・会津バス:会津若松・福島・相馬―仙台空港線

【参考】
※「茨城交通 勝田・東海―東京線」 http://www.ibako.co.jp/highway/higashimito/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram