英国政府観光庁、ソーシャルメディア キャンペーン #POSUKUMAinUK 開始

  • 2021年8月27日

 英国政府観光庁は20日、ソーシャルメディア キャンペーン #POSUKUMAinUKを開始した。

キャンペーンでは、日本郵便のマスコットキャラクターであるくまの「ぽすくま」が、英国での夏休みを体験します。今年は、英国の郵便制度を基にして作られた日本の郵便創業150周年にあたります。日本郵便では、「ぽすくま」が英国の名所や文化を体験する様子を描いた切手を9月に発行します。

 

アーリントンロウ バイブリー ©Cotswolds Tourism ©JAPAN POST Co.,Ltd.  アーリントンロウ バイブリー ©Cotswolds Tourism ©JAPAN POST Co.,Ltd.

英国政府観光庁は、この切手の発行を機に、英国との文化的なつながりや、安心と歓迎のメッセージを強調することで日本からの訪問先としての英国をプロモーションし、旅のインスピレーションを与え、最終的には将来の予約につながることを目指しています。

ぽすくまは、今後数週間、英国政府観光庁のパートナー、地方観光局、インフルエンサー、友人たちと一緒に英国各地のデスティネーションを旅する予定です。撮影した写真は、英国政府観光庁の主にツイッター キャンペーンで紹介されます。東京からロンドン・ヒースロー空港までブリティッシュ・エアウェイズを利用したぽすくまが、クラブ・ワールドのビジネスクラスでゆったりと寛ぎ、十分な休息をとって到着した様子は、ブリティッシュ・エアウェイズのFacebookで、近日中に公開予定です。

 

また、キャンペーンに参加された方に、ぽすくまの冒険やおちゃめな姿をご自身のソーシャルメディアでシェアしていただき、英国の観光地や体験、アトラクションにスポットライトを当てていただくことで、将来の旅行先としての英国の観光地や体験できることを、より多くの方に知っていただきます。
英国政府観光庁 Deputy CEO:パトリシア・イェーツは次のように述べています。

「ぽすくまが、日本郵便での多忙なスケジュールの合間を縫って、英国の夏を楽しんでくれることを嬉しく思います。これは、英国の優れた観光資源を紹介し、日本との親密な関係を祝い、英国の文化や遺産、そしてぽすくまを含む観光客が英国でしかできない素晴らしい体験をアピールする絶好の機会です。私たちは、ぽすくまが英国中を旅する際の冒険を楽しみにしています。」

「日本は英国にとって重要なインバウンド市場であり、旅行に対する需要が潜在していることは承知しています。私たちは日本のパートナーと緊密に協力し、将来の旅行を促進するために目的地である英国の最高の魅力をプロモーションするとともに、安心と歓迎のメッセージを強調しています。」

 

世界一長い駅名の駅にて ©gonorthwales ©JAPAN POST Co.,Ltd.世界一長い駅名の駅にて ©gonorthwales ©JAPAN POST Co.,Ltd.

日本は英国にとって重要なインバウンド市場であり、2019年までの5年間で日本からの訪問者は12%増加しています。

英国政府観光庁(VisitBritain)は、パンデミック期間中の消費者心理を追跡してきましたが、最新の調査では、今後12ヶ月間の海外旅行に対する需要が全体的に高いことが示されました。

今回の調査では、日本人回答者の42%が、今後1年間に海外旅行をするつもりがある、もしくは絶対にするつもりがあると回答しており、ヨーロッパが2番目に多い旅行先として考えられています。旅行をしたいと考えている日本人回答者の約60%は、まだ予約や行き先を決めていないため、英国政府観光庁は、意思決定や行き先の選択、予約に影響を与える機会を提供しています。

日本の回答者が次回の海外レジャー旅行でやりたいと考えているアクティビティの上位には、歴史・遺産や文化的アトラクションの訪問や、レストランでの食事が含まれていました。

英国政府観光庁の調査によると、海外旅行に対する信頼性を高める必要性があることもわかっています。英国政府観光庁の業界標準である「We’re Good to Go」は、世界旅行ツーリズム協議会の世界的な「Safe Travels」スタンプと並んで、英国の観光事業者、アトラクション、観光地が、旅行制限が解除された際に安全に訪問者を迎え入れるための明確なプロセスを備えていることを、日本の旅行者に確信させるものです。

英国政府観光庁は、このキャンペーンを、2022年バーミンガム コモンウェルスゲームズ、女王陛下の在位70周年祝うプラチナ・ジュビリー、英国の創造性と革新性を世界にアピールする「フェスティバルUK 2022」など、世界的に観光客の注目を集める来年の主要イベントのプロモーションにも活用しています。

ENDS

編集者への注釈
o 2019年、日本から英国への訪問者数は38万9,000人でした。2019年、日本からの訪問者は英国で3億6900万ポンドを消費しました。
o ブリティッシュ・エアウェイズは、東京羽田空港からロンドン・ヒースロー空港までの直行便を毎日運航しており、価格は110,000円から

英国政府観光庁ソーシャルディア
Twitter @VisitBritain_JP
https://twitter.com/visitbritain_jp
Instagram @lovegreatbritain_jp
Facebook @lovegreatbritain.jp

キャンペーン詳細ページ

https://www.visitbritain.com/jp/ja/Posukuma_British_Summer_Holiday

英国政府観光庁ホームページ

https://www.visitbritain.com/jp/ja
ブリティッシュ エアウェイズ
https://www.britishairways.com/

 

We’re Good to Go

https://www.visitbritain.org/business-advice/were-good-go-industry-standard
Safe Travels
https://www.visitbritain.org/uk-businesses-registered-were-good-go-get-global-safe-travels-stamp
Inbound COVID-19 sentiment tracker
https://www.visitbritain.org/inbound-covid-19-sentiment-tracker
ぽすくまは日本郵便のキャラクターです

©JAPAN POST Co.,Ltd.

https://www.post.japanpost.jp/kitte/collection/archive/2021/0915_01/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら