航空機内でVR実証実験を開始~阪急交通社など4社、国内初

  • 2017年9月14日

VR視聴のイメージ

 阪急交通社、日本航空(JAL)、KDDI、VRizeの4社は共同で、航空機内でVR(仮想現実)サービスを提供する実証実験を始める。「国内初の試み」という。

 実証実験は、JALチャーター便を利用した阪急交通社の旅行商品「9月10日発 北から南までぐるっと巡る『火の国』アイスランド周遊9日間」の往路の機内で実施する。

 ビジネスシートを利用する56人の旅行者を対象に、VRコンテンツ視聴機材(Galaxy GearVR、Galaxy S8)を貸し出し、好きな時に機材を装着し視聴してもらう。コンテンツは長岡花火大会やドイツの街並みを撮影した映像など5種類を用意。VRを体験した感想などをアンケート調査し、今後の参考にする方針だ。

 4社は「機内での新たな過ごし方を提案し、よりお楽しみいただける旅行スタイルを提供する」と話している。

関連する記事

手配業 東京72社、大阪56社登録 改正旅行業法が1月4日に施行された。旅行の安全や公正な取引など業務を適正化するため、旅行サービス手配業(ランドオペレーター)に登録制度…

続きを読む

日本旅行は、京急観光の店舗・外販事業の事業譲受契約を締結した。  京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田一之,以下京急電鉄),および100%子会社である京…

続きを読む

KNT―CTホールディングス(HD)は8日、2018年3月期の第3四半期(17年4月1日~12月31日)決算短信を発表した。連結業績は売上高が前年同期比2・6%増の318…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?