舞鶴市がミュージックツーリズム推進、日観振など協力

  • 2018年3月29日

握手する(左から)天野、多々良、椎葉の各氏

京都府舞鶴市は観光、音楽業界と連携し、5月に「舞鶴ミュージックコミッション」を全国に先駆けて設立する。市を代表する観光資源、赤れんが倉庫などを活用し、音楽フェスティバルやライブ、合宿などを誘致、地域活性につなげる「ミュージックツーリズム」の実現を目指す。

20日、多々見良三市長が東京都内で会見し、明らかにした。会見には市の取り組みを支援する日本観光振興協会(天野啓史常務理事)、orikonMEコンフィデンス(椎葉克宏雑誌事業本部長)の関係者も出席。また、舞鶴ミュージックコミッションにはコンサートプロモーターズ協会も協力する。

市はジャズ祭りやジャズフェスの開催、海上自衛隊音楽隊によるイベント参加など音楽に親しむ土地柄で、映画やドラマについても舞鶴フィルムコミッションが支援してきた。こうしたノウハウを基盤にミュージックツーリズムの実現を目指す。

ライブやエンターテイメント業界では、公演会場不足が深刻な問題となっており、市の取り組みは打開策の一つとして期待されている。

コンサートプロモーターズ協会はライブや野外フェスなどを開催するコンサートプロモーターに向けた情報提供、コンフィデンスは音楽業界関係者への情報発信、日観協は観光業界への情報提供とともに、両者と地域のコーディネーターとして協力する。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram