総合1位は油谷湾温泉 “温泉総選挙2018”上半期ランキング

  • 2018年11月4日

 温泉総選挙事務局(東京都渋谷区)は15日、「温泉総選挙2018」の上半期ランキングを発表した。それによると、総合1位は油谷湾温泉(山口県長門市)だった。

 5月14日~9月30日の期間、公式ウェブサイトに投票された約34万4千票を集計した。

 2位は湯原温泉郷(岡山県真庭市)、3位島原半島雲仙温泉郷(長崎県島原市・雲仙市・南島原市)、4位秋川渓谷瀬音の湯(東京都あきる野市)、5位鳴子温泉郷(宮城県大崎市)。

 部門別ランキングの1位は、「リフレッシュ」がぬかびら源泉郷(北海道上士幌町)、「うる肌」油谷湾温泉、「スポーツ・レジャー」野沢温泉(長野県野沢温泉村)、「健康増進」高湯温泉(福島市)、「ファミリー」やどり温泉いやしの湯(和歌山県橋本市)、「歴史・文化」島原半島雲仙温泉郷、「女子旅」四万温泉(群馬県中之条町)、「外国人おもてなし」大歩危・祖谷温泉郷(徳島県三好市)、「絶景」片山津温泉(石川県加賀市)となっている。

 総選挙は旅して日本プロジェクトが主催。5月14日から来年1月31日の選挙期間を設け、国民投票によって受賞温泉地を決める。実行委員会(委員長、岡崎浩已・元総務省事務次官)には笹本森雄・日本温泉協会会長、甘露寺泰雄・中央温泉研究所専務理事、石井宏子・温泉ビューティー研究家らが名を連ねている。表彰式は来年3月に行う予定。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram