約半数が「半減以上」 ホテル・旅館 7~9月期売上高の19年比

  • 2021年11月18日

前期比改善も依然高水準

 日本政策金融公庫は4日、ホテル・旅館、飲食など生活衛生関係営業の新型コロナウイルス感染症に関するアンケート調査の結果を公表した。今年7~9月期の売上高について、コロナ禍前の2019年同期との比較で50%以上減少と回答した企業割合は、ホテル・旅館が48.5%と半数近くに達した。前回調査(今年4~6月期)の61.2%に比べ、10ポイント以上改善したが、依然として高い水準だ。

 回答したホテル・旅館のうち、売り上げの減少があったとする割合が99.4%。この中で、どれだけ減少しているかを聞いた。

 最も多いのが「50%以上60%未満」で、回答率は17.3%。以下、「80%以上」が13.9%、「40%以上50%未満」と「10%以上20%未満」が13.3%、「30%以上40%未満」が11.6%など。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら