米国の有力誌「トラベル・アンド・レジャー」、注目の旅先に日本初進出

  • 2018年11月29日

 旅行市場に影響力を持つ米国の旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」は14日、世界で最も注目を集める旅行先「デスティネーション・オブ・ザ・イヤー」に日本を選んだ。発表は今年で5年目。旅行者数の伸びや旅行会社の声、トレンドなどから同誌編集部が決定した。

 日本は初の受賞。過去の受賞国は2014年がミャンマー、15年がキューバ、16年がポルトガル、17年がカナダ。

 日本政府観光局(JNTO)によると、日本の選出理由は、「外国人旅行者数の驚異的な増加に加え、ダイナミックな都市、豊かな食文化や伝統文化、雄大な山・海の自然景観、充実したアートや建築など、多様性に富んだ魅力」という。

 また、同誌のインド版表彰部門では、「ベストMICEデスティネーション」で東京が1位となった。インドでは、報奨(インセンティブ)旅行が活発で、すでに東南アジアや欧州、オセアニアを訪れた企業が日本に関心を示しているという。

 「トラベル・アンド・レジャー」は世界の観光情報を紹介する月刊誌で、北米を中心に約100万部を発行。主な購読者は旅行好きな高所得者層。同誌にはインド・南アジア版、中国版、メキシコ版、東南アジア版がある。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram