簡易宿泊施設のファーストキャビン、自己破産を申請

  • 2020年5月10日

 帝国データバンクによると、簡易宿泊施設「ファーストキャビン」を展開するファーストキャビン(東京都千代田区、資本金11億9500万円)と関係会社4社は4月24日、東京地裁に自己破産を申請した。負債は5社合計で約37億円。FC店は、各社の判断でホテルの営業を再開する可能性がある。

 ファーストキャビンは、2006年7月に設立した簡易宿泊施設の企画、経営業者。高級感を持たせたカプセルホテルを企画、運営し、19年末時点で直営、FC合わせて全国で約26店舗を展開している。サラリーマンなど日本人客を中心に、インバウンド需要も獲得し、17年3月期の年収入高は約15億7900万円を計上していた。

 近年は、民泊施設の普及で競争が激化。稼働率の低下や人件費が負担となるなど、赤字に転落していた。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内外からの需要が低下し、稼働率は10%程度に。各ホテルを休業させる一方でスポンサーによる資金支援も検討したが、事業再開の目途が立たないことから頓挫。資金繰り悪化が顕著となり今回の措置となった。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら