福島県の水産物「復活」 さかなクンらが宣言

  • 2018年6月12日

「常磐もの」のイラストを畠副知事(左)に贈るさかなクン

 福島県は1日、東京都内で同県水産物の「復活宣言イベント」を行った。原発事故の風評で消費が大きく落ち込んだ同県産の魚介類だが、消費者庁の最新の調査では、同県産食品の購入をためらうと答えた人が13%と、調査開始以来最低となった。イベントには同県の畠利行副知事とタレントの「さかなクン」が駆け付け、「常磐もの」と呼ばれる同県水産物のおいしさと安全性をアピールした。

 畠副知事は「三陸から千葉までの海域は世界三大漁場の一つで、福島はその真ん中。黒潮と親潮が出会う場所で、いい魚が取れる」。同県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は「取れた魚は全て検査をして消費者に供給している」と安全面をアピールした。

 東京海洋大学名誉博士も務める魚類学者でタレントのさかなクンは「小学生のころから福島県の小名浜に家族で遊びに来ていた。頭に乗っているのはその時、市場で見たハコフグ。かわいいと思っていつも一緒にいる」とエピソードを披露。カツオ、ヒラメ、サンマなど、「常磐もの」の水産物21種類を描いたイラストを持参し、畠副知事にプレゼントした。

 イベントは全国でスーパー「イオン」を展開するイオンリテールが共催。会場となったイオンスタイル品川シーサイド(東京都品川区)をはじめ、首都圏のイオン5店舗で同日から来年2月28日まで、同県産の水産物を販売する「福島鮮魚便コーナー」が設置される。

関連する記事

本白根山噴火の被害なし 上信越高原国立公園の中にある万座温泉(群馬県嬬恋村)。標高1800メートルの場所にあり、「車で来れる、一番高いところにある温泉地」と万座温泉観光協…

続きを読む

日本観光振興協会と道路行政のシンクタンク、日本みち研究所は12日、地域活性化に向けた支援活動を協働で行う連携協定を結んだ。観光の切り口で「道の駅」の機能を強化、地域との連…

続きを読む

山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長、326会員)の2018年度通常総会が5月29日、山形県上山市の「日本の宿古窯」で開かれた。18年度事業計画、収支予算を承…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会