福島県の教育旅行、学校・宿泊者数とも減少

  • 2021年4月28日

19年度 コロナの影響大

 福島県はこのほど、2019年度の教育旅行入り込み数を発表した。それによると、19年秋の台風19号や新型コロナウイルスの影響で、学校数、延べ宿泊者数とも8年ぶりに減少した。

 19年度の学校数は6941校、延べ宿泊者数は51万6525人となり、それぞれ前年度比1.5%、0.3%の微減。12年度から7年連続の増加にストップがかかった。東日本大震災の影響を全く受けていない09年度と比べると、学校数で87.6%、延べ宿泊者数で72.8%の水準にとどまっている。

 新型コロナの影響は大きく、20年1~3月に感染症を理由とした教育旅行の中止件数は学校数で406校、延べ宿泊者数で2万9893人あった。校種別では、小学校が43校・1472人、中学校105校・1万2945人、高校163校・9498人、大学95校・5978人の中止となり、多くが3月に発生している。

 入り込み状況を都道府県別にみると、東京、埼玉、千葉からの来県が多く、3都県合計では学校数全体の22.1%、延べ宿泊者数全体の40.2%を占めている。福島県内の学校は、学校数全体の38.4%、延べ宿泊者数全体の22.2%となっている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram