福井県、新幹線開業に向け食ブランドを発信

  • 2021年11月6日

 福井県は15日、2024年に予定されている北陸新幹線の敦賀への延伸開業に向けての取り組みを紹介する「『福井の食』メディアミーティングinTOKYO」を東京都港区の赤坂スターゲートプラザで開いた=写真。

 県交流文化部の長谷川慎司課長は「まじめにモノづくりを行う県民性があり、食文化や伝統工芸が多く残っている。丁寧に育てられたものを生かし、ファンづくりを進める」と魅力を紹介。

 笠島亘弘参事は、福井ならではの食や今後の取り組みを説明。ブランド化を進める食材として「越前ガニ」「越前そば」「敦賀昆布」「若狭ぐじ」などを挙げ、食ブランドに関する新たな取り組みとして、(1)食を担う人づくり(2)食の商材づくり(3)食を楽しむ場づくり―を進め、プロモーション展開を行う方針を示した。

 また、ゴディバのジェローム・シュシャンCEOがゲストスピーチをし、「北陸新幹線の延伸は食や禅など文化を体験してもらえる契機となる」と述べ、チョコレートと合う食材として越前そばを挙げた。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら