社内イベントのコミュニケーション 「すべてオンライン」は効果減

  • 2022年12月22日

 コロナ禍以降、リモート勤務などの普及により社内コミュニケーションの形が変わりつつあり、会社が主催する社内イベントでも、オンラインを取り入れたハイブリッド型で開催されることが増えている。こうした背景からJTBコミュニケーションデザインは、「社内イベントのコミュニケーション効果に関する調査~ハイブリッド型(リアル×オンライン)に着目して~」の報告書をまとめ、7日に発表した。同社は「『すべてオンライン』で開催の場合、社内イベントの効果は減少。多様な参加スタイルが求められる」と指摘する。

同調査は、会社が主催する社内イベントに参加した経験のある全国の男女20歳以上の会社員を対象として10月19~22日にインターネットで実施した。

 コロナ禍以降に社内イベントに参加した1030人に、参加して良かったイベントについて、どのような方式で実施されたかを聞くと、オンラインとリアルを組み合わせたハイブリッド型(「オンライン多めハイブリッド」「オンラインとリアル半々のハイブリッド」「リアル多めハイブリッド」)が約60%を占め、「すべてオンライン」、「すべてリアル」はそれぞれ約20%となった。また、「オンライン多めハイブリッド」(31%)などオンライン優位のものが半数強を占め、全体にオンライン中心であったことが示された。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram