磐梯熱海温泉ホテル華の湯、大型会議施設が落成 MICE取り込みへ

  • 2018年9月11日

菅野社長、来賓による鏡開き

 福島県磐梯熱海温泉のホテル華の湯(菅野豊社長)は8月27日、昨年6月から設備投資を進めてきた新大型会議施設「コンベンションホール・風の杜」の落成レセプションパーティーを開いた。観光業界の関係者ら約600人が出席した。

 風の杜は5月にリニューアルオープンしたコンベンションホール「華胥(かしょ)」と同規模で、面積760平方メートル。二つの施設の連係で「ツインコンベンション」として最大千人の収容が可能となる。260インチの大型スクリーン、1万ルーメンの高輝度プロジェクターなど最新機器を導入している。

 菅野社長は「磐梯熱海の立地を考え、MICE(会議)への特化を図った。新たな『創客』に向け、便利で使いやすいツインコンベンションを目指す」とあいさつした。

 来賓の品川萬里・郡山市長は「これまでのホテル・旅館にない、素晴らしい音響設備が整ったホールが完成した。『学都郡山』を掲げ、市政のかじ取りをする者として大変ありがたい。引き続き市政発展に尽力を賜りたい」と述べた。

 北村清士・東邦銀行頭取、高橋隆助・福島県中小企業団体中央会会長、大橋信夫・JA福島五連会長、森吉弘・JTB執行役員東北広域代表らも祝辞を述べた。

 同館では「ツアービュッフェダイニング・飛翔」も新装オープン。地産の食材にこだわった60種類以上の料理と地酒のコーナーをツアー感覚で巡ることができる。


菅野社長、来賓による鏡開き

関連する記事

夜の塩原温泉街(栃木県那須塩原市)を彩るのは孟竹林を切り出して作った竹灯籠。約千基が橋の欄干や歩道、妙雲寺参道などに並ぶ(写真は塩原もの語り館付近)。発光ダイオード(LE…

続きを読む

地域連携DMOである埼玉県物産観光協会は7日、埼玉らしい観光の未来を考える「埼玉県DMOフォーラム」を埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティビルで開催した。観光関係者ら約1…

続きを読む

岩手県は、東日本大震災からの復旧・復興に関する展示を3月8日から東京スカイツリーで実施する。 2011年3月11日に発生した東日本大震災から8年が経ちます。 岩手県は、東…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube