県民割6月末まで延長 観光庁、GoTo見通し示さず

  • 2022年5月31日

 国の観光需要喚起策として都道府県を支援している「県民割」事業は、当初の実施期間が5月31日宿泊分までだったが、6月30日宿泊分まで延長されることになった。観光庁によると、5月18日時点で、45道府県が「県民割」事業を実施中で、このうち地域ブロックに誘客範囲を拡大しているのは38道県に上っている。一方で、全国規模のGo Toトラベル事業について政府は、感染状況を見極めるとの慎重姿勢を崩しておらず、再開の見通しは示されていない。

 「県民割」事業は5月18日時点で東京都、大阪府を除く45道府県が実施中だが、相次いで期間の延長が発表されている。「県民割」事業を実施中の道府県には、県民の県内旅行だけ、あるいは隣接県だけが対象だった地域も一部にあるが、事業期間の延長、感染状況の落ち着きを受けて、地域ブロックに対象を拡大する動きも出てきた。例えば、岡山県は5月19日から「県民割」事業の誘客範囲を地域ブロックに拡大。また、「県民割」事業を停止していた大阪府は6月1日からのキャンペーンの再開を発表し、大阪府民だけでなく、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県の在住者も対象とした。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram