百戦錬磨、トラベルホステル「BON HOSTEL」(ボン ホステル)を大阪なんば高架下にオープン

  • 2018年1月30日

 百戦錬磨は、トラベルホステル「BON HOSTEL」(ボン ホステル)を大阪なんば高架下に開業する。 

「いつもと違う旅をしよう」をコンセプトとする民泊予約サイト「STAY JAPAN(https://stayjapan.com/)」運営の株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)は2018年2月1日(木)、大阪市浪速区の鉄道高架下スペースにカフェ&バー併設ホステル「BON HOSTEL(ボン ホステル)」をオープンいたします。

 

「BON HOSTEL」の外観イメージ「BON HOSTEL」の外観イメージ

◆ウェブとリアルを繋ぐ情報交換と発信の「場」

人や地域との出会いや交流を求めて世界各地から訪れる、特に情報発信力の高いフラッシュパッカーなどをターゲットに、情報交換や情報発信の「場」として施設の企画・開発をいたしました。「高架下×宿泊施設」というユニークな形態で、旅行者から地域住民の方まで多様な人々が集う賑わいを創ってまいります。カフェ&バー併設型スタイルで、交流イベントなども行う予定です。「STAY JAPAN」と連携することで、ウェブとリアルの「場」を繋ぎ、旅行者に日本のローカル旅を提案します。 

◆民泊予約サイト「STAY JAPAN」との連携

「STAY JAPAN(https://stayjapan.com/)」は、ディープな日本のローカル体験をはじめとする、新たな宿泊スタイルを提案する民泊予約サイトです。都市部の生活空間に暮らすように滞在したり、地方で日本の伝統文化や田舎体験、農家体験などを通じて現地の方と交流できるユニークな宿泊施設などを掲載しています。国家戦略特別区域法や旅館業法など、国の定める法律に則り、自治体の認可を受けた公認民泊のみを取り扱っています。「BON HOSTEL」と「STAY JAPAN」が連携し、「STAY JAPAN」に掲載中のホストさんとの交流イベントを行ったり、地域や農泊施設のPRコーナーを設置するなど、地域観光のきっかけづくりを目指します。

◆旅行者の滞在プランを提案する“トラベルホステル”

訪日外国人旅行者に人気の都市・大阪。その中心部であるなんばをハブとして、宿泊者には、日本各地の旅行先や着地型体験ツアーなど、日本での滞在をよりディープに楽しんでいただくための目的地をご提案します。近郊での着地型体験ツアーとして、岸和田天神宮での巫女体験や、心斎橋での侍・忍者体験など体験メニューの紹介も行います。ボンホステルは「都会と地方を繋ぐ」というコンセプトで、日本全国の文化・魅力を発信してまいります。

◆1月15日(月)より、宿泊予約受付開始
2月1日(木)のオープンに先立ち、1月15日より、「STAY JAPAN」にて事前予約受付を開始いたします。相部屋(ドミトリー)タイプから、3名用・4名用の個室まで110床を備えております。
宿泊予約受付URL:http://mag.stayjapan.com/lp/bon-hostel/
 

 

●「BON HOSTEL(ボンホステル)」の概要 

場所:大阪府大阪市浪速区敷津東3-1-3
(南海電鉄難波駅徒歩9分、南海電鉄今宮戎駅徒歩3分、地下鉄大国町駅徒歩7分)
宿泊予約受付URL:http://mag.stayjapan.com/lp/bon-hostel/
敷地面積:1021.78㎡(309.09坪)、建物面積 :824.60㎡(249.44坪)
規模・構造:鉄骨造1階建
収容数:110名
開業日:2月1日(木)
施設詳細:個室タイプ:3人用2室・4人用1室、ドミトリータイプ:6人部屋12室・7人部屋4室
併設施設:cafe&bar「Bon menu(ボンメニュー)」

物件の特徴:
南海電鉄高架下スペースを活用したカフェ&バー併設型ホステル。「BON HOSTEL」の名称は「BON=良い」のフランス語と、ホステルのキーアイテムである「BON=盆栽」の2つの言葉に由来しています。内装は白・黒・グレーを基調としたシンプル・スタイリッシュなトーンを採用し、世界各国の旅人誰にとっても落ち着きのある空間づくりにこだわりました。併設する「Bon menu」は世界中の〝発酵食〟をテーマにしたカフェ&バー。世界中のトラベラーが集まり大阪なんばに居ながらも、異国情緒が溢れる空間でモーニングからバータイムまで交流の“場”を提供いたします。

◆株式会社百戦錬磨について

社名:株式会社百戦錬磨
URL:http://www.hyakuren.org/
所在地:宮城県仙台市青葉区本町2-17-17(本社所在地)
    東京都千代田区外神田2-18-20(東京事務所)
    大阪府大阪市西区靭本町2-4-6 SJ OSAKA CENTRAL303 (大阪事務所)
    徳島県美馬市穴吹町口山知野13-1(徳島サテライトオフィス)
代表取締役社長:上山康博
設立:2012年6月19日
資本金:784百万円(2017年3月現在)
加盟団体:日本政府観光局(JNTO)、公益社団法人日本観光振興協会

関連する記事

日本政府観光局(JNTO)は、今年9月に開催するインバウンド商談会「VISITJAPANトラベル&MICEマート(VJTM)2018」の国内セラーの参加申し込み…

続きを読む

ブルーインパクトは、訪日外国人向け原宿観光案内サービス「原宿カワイイツアー」を始める。 IT関連事業をおこなう株式会社ブルーインパクト(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長…

続きを読む

1人支出は前年並み14万9千円 観光庁はこのほど、2018年1~3月期の訪日外国人消費動向調査(速報)の結果を発表した。訪日外国人の旅行消費額は、前年同期比17・2%増の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」