登録有形文化財登録 文化審議会、「銀鱗荘旧本館」など答申

  • 2022年12月10日

ニトリが所有する銀鱗荘旧本館

 国の文化審議会はこのほど、ニシン御殿を改修した近代和風ホテル「銀鱗荘旧本館」(北海道小樽市)など新たに109件を登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学相に答申した。近く答申通り告示され、これにより、同文化財は1万3639件になる。

 銀鱗荘旧本館(旧猪俣家住宅)は、余市にあった明治後期建築のニシン御殿を1938年に移築し、宿泊施設として改修。望楼を構え、奥座敷に神棚やいろりを備える豪壮な漁家建築に、日本画家の安藤瀞埠(せいふ)による装飾をちりばめた近代和風ホテル。現在、ニトリが所有している。

 熊本県人吉市にある木造の公衆温泉浴場「公衆温泉新温泉」は1931年ごろの建築。男女別の脱衣室と浴場を田の字に配し、ガラス戸を多用して入り口に番台を置く近代公衆浴場の典型。2020年の熊本豪雨の被害から復旧に向け有志が活動している。

 その他の主な建造物は次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram