登山アプリのヤマップ、DMOの阿蘇地域振興デザインセンターと包括協定を締結

  • 2018年11月2日

 登山アプリのヤマップは、DMOの阿蘇地域振興デザインセンターと包括協定を締結した。

登山アウトドア向けアプリ・WEBサービス「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役 春山慶彦、以下ヤマップ)は、公益財団法人阿蘇地域振興デザインセンター(理事長 髙橋周二、以下阿蘇DC)とフットパスの利用促進と、知名度向上を目的とした包括協定を締結いたしました。
フットパスとは?
「フットパス」とは、イギリスで発祥した『地域に残るありのままの風景を楽しみながら歩くこと「Foot」ができる小径(こみち)「Path」』のことです。イギリスでは農村部を中心に網の目のように張り巡らされており、長いものでは160kmも続くものもあります。川岸や丘はもちろん、農場や自宅の敷地内を通る道もあり、英国ではフットパスを大切にする文化が根付いています。

▲△ 阿蘇エリアにおけるフットパスの概況
近年、日本においてもさまざまな地域において、各々の特徴を活かした魅力的なフットパスが整備されており、阿蘇エリアでも世界農業遺産に登録された1,000年の歴史や文化、自然の営みに触れながらゆっくりと楽しめるフットパスを整えてきました。阿蘇DCはこのフットパスを通して、観光客に阿蘇エリア(8市町村)の店舗や施設に実際に足を運んでもらうことを目指していますが、認知の拡大に課題を抱えていました。そこで、ユーザー数No.1の登山アプリ「YAMAP」を活用して、フットパスの知名度向上と利用促進を図ることとなりました。

包括協定締結式にて(10月25日)包括協定締結式にて(10月25日)

阿蘇地域フットパスのコース一部(webより引用)
南小国町 中湯田コース、南小国町 立岩コース、小国町 下城コース、小国町 北里コース、産山村 田尻コース、産山村 池山水源コース、南阿蘇村 木の香湯コース、西原村 滝コース、阿蘇市 手野コース、高森町 上色見コース

▲△ 登山者たちとのタッチポイントを生み出し、歩く観光を促進
YAMAPは、ダウンロード数100万を超える日本最大の登山・アウトドアプラットフォーム。ユーザーの多くが登山愛好者であることもあり、阿蘇五岳と外輪山が広がる阿蘇は、YAMAPユーザーにも人気のエリアです。また、長距離を歩くフットパスは、元々登山者との相性が高いと言えます。

今回の取り組みでは、YAMAPアプリ内に、阿蘇エリアのフットパス専用地図が作成される予定です。アプリの地図には周遊ルートと観光スポットが整備されており、ユーザーは歩行記録を取りながら、コース上の有益な情報にアクセス可能です。また、フットパスに関する情報発信をYAMAPユーザーに対して行っていくことで、登山者間での認知拡大に繋げます。従来は紙媒体に散在していたフットパスの地図や新着情報を、YAMAPというデジタルメディアに集約することで、情報へのアクセス性を高め、若年層へのリーチにも期待が持てます。さらに、長期的には観光コンテンツの造成などにおいても連携をとっていく予定です。

今後もヤマップでは、「歩く」を起点に、点ではなく線の観光を生み出すことで、滞在時間の延長と消費を促進し、自然観光と地域振興に貢献してまいります。

公益財団法人 阿蘇地域振興デザインセンター理事長(南小国町長) 高橋周二 氏のコメント
YAMAPに情報を乗せることで、山好きに直接情報を流せることは、デジタルマーケティングの観点で魅力的。YAMAPのSNS機能は新たなる観光資源を生み出す可能性を秘めている。

株式会社ヤマップ 代表取締役 春山慶彦 のコメント
観光の問題はデータがないこと。スマホは位置情報を取得できるので、どういった人たちがフットパスを楽しんでいるのかをビックデータ分析できる。これは、一つのモデルケース。地域の人たちも楽しめる観光をつくっていきたい。

関連する記事

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:今井敏行)は、小学生向けの学習地図帳『るるぶ 地図でよくわかる…

続きを読む

日本三古湯の一つ、愛媛県道後温泉にある道後プリンスホテルは、全123室からなるエリア最大の旅館で、近年の個人・小グループの旅行にも対応できる宿を目指している。数年前には大…

続きを読む

システム・シャイン・サービス(東京都豊島区)の提案している「ウイルスバリアプレミアム」は、二酸化塩素製剤を主成分とした、携帯に便利な薄型シートタイプ。身に着けるだけで…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube