登別洞爺広域観光圏、決済サービスの導入促進

  • 2018年4月14日

 登別市や室蘭市、洞爺湖町など北海道3市4町で構成する登別洞爺広域観光圏協議会(会長・小笠原春一登別市長)は、決済サービス事業などを手掛けるリージョナルマーケティング(本社・札幌市)と連携し、中国を中心とするインバウンド客に対応しようと、決済システム「We Chat Pay」(ウィーチャットペイ)の導入をエリア全体で進めている。

 同エリアは道内有数の観光地で、ホテルでの電子決済システムの導入は進んでいるが、商店街などでの対応が遅れている。協議会では外国人観光客の受け入れ環境の整備に向けて、2017年度に約270万円の事業費を計上して支援した。

 今年3月末までに中国人観光客が多く訪れている観光施設や土産品店、飲食店など約70カ所が新たに端末を設置し、スマートフォンやタブレットで決済できる態勢を整えた。

 協議会は「利便性が一気に増し、観光客のサービス向上に大きくつながる。北海道や登別洞爺エリアの情報発信を積極的に進めていきたい」と意欲を示している。

関連する記事

訪日旅行専門の旅行会社TASは19日、京都市上京区の立本寺内に宿坊「立本寺 四神閣」を開業したと発表した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を…

続きを読む

物部川DMO協議会は、観光PRパンフレット「とりせつ」を台湾の旅行博などで配布する。 「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、支援事業…

続きを読む

国際観光日本レストラン協会(安田眞一会長=新宿京懐石柿傳、172会員)は7日、ホテル椿山荘東京(東京都文京区)で創立60周年記念式典と通常総会を開いた。60年間の永年継続…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube