産経新聞編集委員のガイドで巡る「デヴィッド・ボウイの愛した京都の足跡をたどるツアー」

  • 2017年6月6日

 産経新聞は、同紙編集委員のガイドで巡る、デヴィッド・ボウイの愛した京都の足跡をたどるツアーを発売した。7月8日に日帰りバスツアーとして最高する。詳細内容は以下の通り。

 産経新聞社は、昨年1月に死去した英ロックスター、デヴィッド・ボウイの写真展鑑賞を含めて、ボウイが生前たびたび訪れていた京都をめぐる日帰りバスツアーを7月8日(土)に企画し、参加者を募集しています。ボウイが愛した京都の“聖地”をめぐり、好物を堪能しながら、本紙編集委員がボウイのエピソードを交えてガイドします。

ポイント1 期間限定写真展を鑑賞

正伝寺の庭園正伝寺の庭園

 ホテルアンテルーム京都(京都市南区)で、6月17日~7月17日まで開催される写真展「DAVID BOWIE by MICK ROCK(デヴィッド・ボウイ・バイ・ミック・ロック)」を訪問。ボウイを撮り続けたミック・ロックの作品を鑑賞し、ボウイの勇姿をしのびます。
ポイント2 〝聖地〟をめぐる
 オリジナル曲や映画などを通じて日本人に親しまれたボウイ。ボウイもまた日本を愛し、特に京都の街をたびたび訪れており、彼にとって特別な場所でした。ボウイが出演したテレビCMのロケが行われた正伝寺(しょうでんじ)を参拝。昼食は「晦庵(みそかあん)河道屋」で、ボウイが好んだという天ざるそばを楽しみます。また、定宿だったという老舗旅館も車窓から眺めます。

ポイント3 「レコ・コレ」執筆陣の本紙編集委員がガイドで同行

昼食場所の晦庵河道屋昼食場所の晦庵河道屋

 音楽通記者として数々の取材に携わり、音楽情報誌「レコード・コレクターズ」にも寄稿している産経新聞大阪本社文化部の岡田敏一編集委員が終日同行。ボウイのエピソードを交えながら、ゆかりの地についてガイドをします。
【ツアー概要】
■日時:
7月8日(土)10:15集合、16:30解散(予定)
■集合・解散場所:JR京都駅(八条口貸切バス駐車場)
■旅行代金:1人1万5800円(添乗員同行、昼食付き、子供同額)
■最少催行人員:10人
■コース:京都駅(集合後出発)=ボウイの好んだ昼食をはさみながら、ゆかりの地や写真展をご案内します=京都駅解散 ※サプライズを含め、行き先・順番はお任せください
■資料請求・問い合わせ:サンケイトラベル(観光庁長官登録旅行業第1554号)
コース番号=310024
■電話:06・6633・1515(平日午前9時30分~17時30分、土曜は14時まで。日・祝休み)
HP:http://www.esankei.com/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら