環境省、地熱関係の温泉保護指針改訂へ 改正温対法など反映

  • 2022年8月10日

 環境省は、「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)」について、5年ごとの点検、見直しの時期を迎え、改訂に向けた検討を始めた。ガイドラインは、都道府県が地熱開発の掘削許可を判断する際の技術的な助言。昨年9月、政府の規制改革に伴い一部が改正されたが、改めて全体を見直す。地域に再生可能エネルギーの利用などを促す改正地球温暖化対策推進法(改正温対法)などの最新情報を反映させるほか、地熱開発の技術情報や開発地域の事例などを追加する方向だ。

 有識者を委員とした改訂検討会の初会合が7月27日に開かれた。月1回程度の検討を重ね、改訂案のパブリックコメントを11月下旬~12月下旬に実施。来年2月に中央環境審議会・自然環境部会温泉小委員会に諮った上で、3月に改訂、都道府県へ通知する予定。

 主な改訂事項は、昨年9月に発出された一部改訂をガイドライン全体版に挿入する。大規模な地熱開発に関する(1)地熱貯留層の規模に応じた全体計画を加味した掘削許可の考え方(2)他の地熱貯留層や温泉帯水層との離隔距離の在り方(3)モニタリングと順応的管理の実施―などを追加する。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram