特急「踊り子」で当日輸送 東京駅で「伊豆美味いもん市」

  • 2021年11月9日

当日輸送の様子(東京駅)

 JR東日本横浜支社とJR東日本クロスステーションデベロップメントカンパニー、伊豆急行は10月22~24日、東京駅構内のグランスタ東京地下1階「スクエア ゼロ」で、伊豆エリアの魅力ある食材や名産品を取りそろえた「伊豆美味いもん市」を開催した。一部の名産品は、特急「踊り子」で輸送し、当日中に販売された。

 JR東日本横浜支社は、伊豆の地元企業などと連携し、地元の食材を使った加工品などを6次産業化商品として開発するなど、伊豆エリアの観光流動を創出するだけでなく、名産品の販売拡大に貢献している。

 伊豆美味いもん市では、(1)特急「踊り子」で運んだ取れたての野菜、果物、鮮魚や当日作りたての銘菓、すしの販売(2)伊豆の名産品販売(3)出店店舗の一部商品のECサイト「JRE MALL」でのオンライン販売―を実施。当日輸送では、荷物輸送サービス「はこビュン」を活用し、踊り子で伊豆エリアの取れたて野菜や果物を運んだ。輸送品はキンメダイ、伊勢エビ、わさび、早生みかん、サクサクデニッシュ、さんまずしなど。当日輸送された商品には多くの人が集まり、即完売した。

 JR東日本横浜支社小田原地区センターの菅沼晋所長は「緊急事態宣言が解除されるなど、移動需要は回復しつつある。首都圏の人に伊豆エリアの食材、観光の魅力を発信し、今後の移動先として伊豆を選んでもらえるきっかけを作っていく」と話す。伊豆急ホールディングス営業推進部の鈴木正人営業推進課長は「来年の大河ドラマでは、伊豆が舞台となる。まだ移動は回復途上だが、伊豆には観光、食、自然、アクティビティなど需要が浮上するきっかけが多数ある」と今後への期待を述べる。


伊豆をPRする菅沼所長


当日輸送の様子(東京駅)

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram