熊本県玉名市、宿泊施設に認証制度 

  • 2020年9月2日

11月にも「クオリティ宣言」

 熊本県玉名市は、独自に作った新型コロナウイルス感染予防策の基準を満たした宿泊施設を認定する「玉名クオリティ認証制度」を創設、8月1日からスタートしている。市は「衛生環境が整った観光地であることをアピールし、さらなる誘客につなげるため」と話している。

 市は先進事例の取り組みや業界ガイドラインを参考に23項目のチェックリストを作成。「現地確認を実施し、基準を全て満たす施設を玉名クオリティとして認証する」としている。認証期間は来年7月末までの1年間で、今年7月末現在、18施設が認証交付を受けている。

 認証開始から3カ月間、宿泊施設で感染者が確認されなかった場合、11月1日に「玉名クオリティ宣言」を行い、安心・安全な観光地であることをPRする。

 また、(1)入館時(2)チェックイン・アウト(3)客室(4)大浴場・浴室(5)食事関係(6)清掃等の作業(7)入館者・従業員の感染疑いの際の対応(8)従業員に対する日常的なチェック体制(9)行政機関からの指針・要請・命令等への協力・順守―についてチェックすべき項目を挙げ、その数48の基準を満たす宿泊施設を「玉名ハイクオリティ」として認証する。認証の交付はクオリティ宣言後の11月1日以降を予定している。

 18施設のうち、司ロイヤルホテルは「徹底した衛生管理と万全の感染予防対策を行い、常に『上質』なひと時を提供する」とアピールしている。

 その他の施設は次の通り。

 山もみじの宿八芳園▽尚玄山荘▽黄金館▽金峰園▽さつき別荘▽玉名立願寺温泉ホテル湯里▽玉名の湯宿竹水苑▽ひきの荘▽ホテルしらさぎ▽玉名ファミリー温泉▽那古井館▽玉名ビジネスホテル鈴鹿▽ビジネス旅館末広▽森田屋▽草枕温泉てんすい草枕山荘▽HIKE▽にしのいえ

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら