熊本城、特別見学通路を公開 まず県民を対象

  • 2020年6月19日

 熊本地震からの復旧が進む熊本城(熊本市)で1日、「特別見学通路」の公開が始まった。当初、4月29日の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

 通路は市が約17憶円をかけて整備。天守閣の南側に設置され、全長約350メートル。

 地上約6メートルの高さから天守閣や二様の石垣、重要文化財の櫓(やぐら)群など「城の姿を、間近から、またこれまでと違う視点で見ることができる」という。ただ、天守閣の内部には入れない。

 公開は毎日午前9時~午後5時。18日までは県民のみで、県外からの入場は段階的に緩和する予定。

 コロナの感染拡大を防ぐため、マスク着用や手指の消毒を求めるほか、当日整理券方式(時間制)での入場制限や健康状態などを確認するシートに記入してもらう。

 来年春には天守閣が完全復旧し、内部の公開も予定している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram