煙のないゲレンデ実現 長野県内スキー場がフィリップモリスと包括提携

  • 2021年1月13日

白馬八方尾根スキー場のうさぎ平テラスに設けられた加熱式たばこ専用室

 ゲレンデにおける屋外主要エリアを加熱式たばこ専用へと整備する事例は国内初という。

 加熱式たばこ専用室は白馬八方尾根スキー場(長野県白馬村)に6カ所、白馬岩岳スノーフィールド(同)に2カ所設け、ゲレンデマップにも記載。専用室は「白馬ならではの眺望が楽しめるところや、床にスキー板・スノーボードのマークがプリントされ、そこに立つことで自然にソーシャルディスタンスがとれる仕様になっている」という。

 紙巻きたばこ喫煙所はゲレンデ外の駐車場に集約、設置した。

 この取り組みを広く知ってもらうため、地元有志やPMJ社員で構成する「スモークフリーアンバサダー」を新設。アンバサダーが各ゲレンデを滑り、告知、啓発活動をする。

 白馬エリアのスキー場には年間約98万人(2019年度)の利用者が訪れているが、かねてから紙巻きたばこのゲレンデ内での喫煙や吸い殻のポイ捨てに悩み、喫煙対策が課題となっていた。スキーシーズン以外でも、周辺の自然環境への影響が懸念されていた。

 こうした背景から、地元4社がPMJの「煙のない社会」に共感する形で、加熱式たばこ専用エリア新設に関する包括協定を締結した。

 PMJのシェリー・ゴー社長は「白馬のゲレンデが煙のないゲレンデへと生まれ変わる一助になれたことをうれしく思う」、岩岳リゾートの和田寛社長は「今回の取り組みを通じて喫煙に関わる環境整備に乗り出すことで、より多くの幅広い層の方々に楽しんでいただけるリゾートを目指す」とそれぞれコメントしている。


白馬八方尾根スキー場のうさぎ平テラスに設けられた加熱式たばこ専用室

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram