源泉湯宿守る会、甲子温泉で見学会実施

  • 2009年9月30日

源泉の適正利用を実践する旅館・ホテルなどでつくる源泉湯宿を守る会(平野富雄会長、52会員)は15、16の両日、源泉管理研修と会員同士の情報交換を目的とした源泉見学会を福島県西郷村の甲子温泉・大黒屋で開いた。参加した約20人の会員を前にセミナーを行った平野会長は、温泉のモニタリング(監視のための継続的な調査)が持続的な源泉利用に役立つことを改めて強調。「得られた泉質や温度のデータを自分で読めるよう勉強をすることも、温泉旅館の主人の役目だ」と指摘した。

 大黒屋の源泉見学の前に行われたセミナーでは、現存する明治、大正期の大黒屋の温泉に関する記述をもとに過去と現在の甲子温泉を温度や含有成分などさまざまな側面から比較。同館の温泉があまり温度変化していないことや、今後温度や成分の変化があった場合に考えられる要因などについて解説した。この中で平野会長は、今年4月に環境省が出した温泉のモニタリングについてのガイドラインにも言及し、「大黒屋は100年間の温泉の変化の状況が分かっているために、現状や今後の動向を推測できる。これこそが環境省の言うモニタリングの本質。温泉の経過からその傾向を知れば、管理上の禁忌などもつかめる」と強調。源泉から出る温泉の温度や湯量を保ち続けるために、1つのデータもおろそかにせず生かすよう訴えた。

 このほか見学会では、大黒屋と同じく福島県南西部に位置する会員宿の新甲子温泉・五峰荘、二岐温泉・大丸あすなろ荘、柏屋旅館を訪問=写真。会員らは源泉ポンプや風呂を前に各旅館の源泉管理の方法について説明を受けたほか、3館の源泉と大黒屋の源泉の違いについて温泉分析表をもとに学んだ。

関連する記事

山形県の産業界と行政などの代表者で成る同県産業賞委員会(委員長・吉村美栄子山形県知事)は3日、旧山形県庁の文翔館で令和元年度の同賞贈呈式を行った。今年度は佐藤信幸・古窯ホ…

続きを読む

日本ホテルは7日、東京都江東区の新木場駅(JR東日本、東京メトロ、東京臨海高速鉄道)の駅前徒歩2分の立地に「JR東日本ホテルメッツ東京ベイ新木場」を開業した。材木商の町…

続きを読む

ホテル日航大阪は、「カニ×カニフェスタ」を開催する。 大阪 心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3、代表取締役社長・総支配人:呉服 弘晶)は、カフェレスト…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube