温泉熱の有効活用 専門家派遣で促進 環境省、組合や自治体向け公募開始

  • 2022年6月2日

 温泉熱の有効活用を検討する地域を後押ししようと、環境省は5月24日、新規事業「温泉熱有効活用に向けたコンシェルジュ事業」の公募を開始した。温泉組合や旅館組合、地域と連携する事業者、自治体などを対象に専門家を派遣したり、勉強会の進行を支援したりする。公募期間は6月30日までだが、採択案件の上限に達し次第締め切る。

 温泉熱は、熱交換器、ヒートポンプ、バイナリー発電、温泉付随可燃性天然ガスコジェネレーションシステム、集中配湯などの技術を使って、地域における発電、暖房、融雪、配湯などに活用されている。光熱費コストの抑制やCO2排出量の削減だけでなく、地域にビジネスを創出する契機にもつながる。
 コンシェルジュ事業では、地域に専門家を派遣し、温泉熱の活用方法、事業化に向けたビジョン策定などに関して助言を行う。地域で開催する勉強会・ワークショップの実施方針、進め方などもアドバイスする。

 公募要領などは、事業の事務局、総合設備コンサルタントのウェブサイト(https://www.socon.co.jp/onsen_concierge_application_r4)に掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram